イグニッション!

旅行やバイク、アニメ。趣味ワールド全開でお届けする、備忘録のようなもの。

【山ごはん】クッカーでおいしいご飯を炊くコツ!

f:id:konnya7:20151113151103j:plain

はい!どうも、こんにゃくです

ツーリングや登山でのご飯、みなさんどうしてますか?

ツーリングなら弁当やレストラン、チェーン店で、 登山ならレトルトやフリーズドライがやっぱりみなさん多いですかねえ。

私もインスタントラーメンやらカレーやらツナ缶やら…手軽に済ませるタイプだったのですが、

10月のはじめ、徳島県の剣山~三嶺を縦走登山した時。山小屋で知り合ったおじいさんに、ご飯の炊き方を教わりました。

えっ、こんなに簡単にできるの?しかも、めっちゃうまい! …というわけで、今回は、「ご飯は自分で炊く派」にジョブチェンジした私が、ご飯の炊き方を紹介します。

目次

あたたかいごはんが大好きです

私がクッカーを買ったのは、キャンプツーリングを始めた時。お米からご飯を炊くことは、少し敷居が高いと感じていたので、パックのご飯を主に食べていました。

スーパーや宿泊するゲストハウスでパック飯をレンジでチンして食べる。手軽にご飯が食べられるので、とても便利でした。

きっかけは山小屋で

f:id:konnya7:20151113151223j:plain

たまたま山小屋で一緒になったおじいさん、今日の晩ご飯は何ですか?と聞くと、 「お茶漬けですよ」とおじいさん。 てっきりパック飯か、フリーズドライなのかと思いきや、バッグから生米登場!!(゜ロ゜ノ)ノ

自分で炊くのがゴミもでないし、量も調節できるからいいんだよ、と言う、おじいさん。 一緒にごはんを食べながら、作り方を教わりました。

さっそく作ってみた

使ったもの(私の場合)

  • クッカー = mont-bellアルパインクッカー ディープ11
  • ストーブ = プリムス ウルトラバーナー P-153
  • お米 = 岡山県産 ヒノヒカリ
  • 水 = 山の湧き水

手順

  1. 水に浸す
  2. 強火で沸騰
  3. 弱火で20分
  4. 10分蒸らす

以上!

はーい、それではやっていきましょう!まずは…

1 研いだお米を水に浸します。

☆ 時間:夏30分、冬1~2時間
☆ 時短したい人は、ぬるま湯にお米を浸してください、冬でも30分程度で吸水します。
☆ 水分量:1合あたり210~260cc、無洗米なら225cc~280ccで調節してください

2 強火で沸騰させる

☆ フタは開けないように!
☆ 1合ならすぐに沸騰します
☆ 泡がプクプク、吹きこぼれそうになったら弱火に!

3 弱火で20分

☆ ストーブの最弱火力にしてください
☆ プクプクとフタが浮いてきますが、気にしない

4 10分蒸らす

☆ 待ちます。。。

f:id:konnya7:20151113153023j:plain

はいっ!完成です!!
うまくいけば、ふっくらしたご飯ができあがりますよ!

うまく炊けなかった!という方

Q = 芯が残ってしまいました…
A = 水を加え、再沸騰させてから弱火で10分炊きましょう!

Q = 焦げてしまいましたん…
A = 水が少ないか、火力が強すぎたかもしれません。私も焦がしたので、1合に対し250mLで炊いたら、いい感じでした

Q = ご飯がクッカーからあふれでてきましたん
A = 入れすぎです。アルパインクッカーディープ11だと、ギリギリ2合まで炊けます。

ごはんのおとも

f:id:konnya7:20151113151738j:plain

私は、写真のように、袋に小分けにして山に持っていきます。
山にこもる日数によって、量を調節してムダがないようにしています。

  • ふりかけ
  • お茶漬け
  • 味噌汁

おいしいです。
また、ごはんの後のティータイムにドリップコーヒーやスティックタイプのインスタントコーヒーなどを合わせて持っていくと、山での食事が充実しますよ!

おわりに

実は私、縦走を終えた後、すぐにmont-bellショップに駆け込み、

  • アルパインクッカー ディープ11
  • プリムス ウルトラバーナー P-153

を購入しました

私がそれまで使っていたクッカーセットとストーブだと、火加減調節が難しく、焦げると思ったので、新たに購入しました。
プリムスのストーブ、前から欲しかったんですよ…(*´-`)

クッカーだけじゃなくても土鍋とかで炊いてもおいしいと思いますよ! みなさんも作ってみてください!v(・∀・*)

はい!それでは、ここまでのお相手は、こんにゃくでしたっ!