読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イグニッション!

旅行やバイク、アニメ。趣味ワールド全開でお届けする、備忘録のようなもの。

ノート1冊で、心の余裕を持つ方法

f:id:konnya7:20151209162154j:plain
こんにちは、こんにゃくです

今年の春、無印良品でノートを買いました。表紙が茶色、無地の。普通のリングノートです。


この1冊のマイノートに自分のこと、思い、考えを書くだけで、心に余裕を持てるようになりました。
頭の中で考えていることを、ただただ ノートに書くだけなのです。
そして、ノートに書いたことを元に、


思いを書く→整理し見つける→物事を実行→結果を書く


このサイクルで進んでいきます。

ストローク1サイクル


思いを書く

何から書こう、どう書けばいいのだろう。とか考える必要はありません。頭にパッと浮かんだフレーズを、そのまま書きます

嬉しいことがあった時は、
「成果がでてほめられた!」

仕事で疲れている時は、
「あー、つかれたー、だるー」

人に嫌なことされた時は、
「あいつほんまいつかやってやる…」



などなど、簡単でいいので書きます
。 箇条書き、日記風何でも構いません。 今、自分がどのように感じているかを明確にすることが大切です。

整理し見つける

次に整理します。
例えば、今後やりたいことを書き出したとき、

これは1ヶ月以内にクリアできるな、そのために何々が必要だから用意しなくちゃな

と要点をまとめ、さらに詳しく掘り下げます。

こうすることで、自分が次に何をしたらいいのか。複数書き出した時は、どれから手をつけたらいいのか。優先順位を考えることができます。



実行する

とりあえず、やってみます。 それは1日で終わるものなのか、 何年もかけてやるものなのかわかりません。

また、やっているうちに失敗したり、修正が必要になったりするかもしれません。その変化もノートに書くようにします。

結果を書く

あれは何日で終わって、こうやって、何が必要で…
など、実行した結果をノートにまとめます。

自分なりに、もし次するとしたら…?どうやればベストなのか。分析してみます。

それによって、次にもう一度同じことをするとき、書いた結果や分析があるので失敗をすることが少なくなると思います。

ノートの使い方

なるべく、1つの物事は見開きで書き収まる範囲になるよう心がけます。
あとで見返したとき、飲み込むスピードが早くなるからです。

また私の場合は、
おいしかったご飯、お店
ツーリングや登山の計画も、
マイノートに書いています。

どこでも書けるように、
旅には必ず持っていくようにしていますし、ちょっとしたお出かけにもカバンにノートをいれるようにしています。


そして、ノートを選んで買うとき。
多少高くても良いと割りきってください。持ち運びしやすかったり、表紙がオシャレだったり。好きなデザインのものを1冊買いましょう。



おわりに

私は、あれこれ考えすぎて頭がパンクしやすい性格なんです。

なんでもかんでもいろんな方向性に考えるのは悪いことではないのですが、頭がパンクしてしまっては考える力が鈍くなってしまいます。

それを防ぐために「ノートに書く」という軽い運動と思考の視覚化をするようになりました。

ノート1冊で、あれこれ考えて頭がパンクするのを防ぐと同時に、心の余裕ができました。


マイノート1冊、いかがでしょうか。