読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イグニッション!

旅行やバイク、アニメ。趣味ワールド全開でお届けする、備忘録のようなもの。

【祝・開幕】カモメが迎えてくれる、鬼とアートの島「女木島」に上陸!【瀬戸内国際芸術祭2016】

f:id:konnya7:20160320232609j:plain



こんにちは、こんにゃくです

今日3月20日、春分の日。待ちに待った瀬戸内国際芸術祭2016が開幕しました!




jpn-trip.hatenablog.jp

前回の記事で、「作品鑑賞パスポート」を購入するとお得にアート巡りできると書きました。

販売価格は、 一般:4,000円(当日5,000円) 高校生:2,500円(当日3,500円)

3月19日(土)までお得な前売券が販売中ですよ。 全国のコンビニ、旅行代理店、JR四国・西日本・九州の主要な駅、香川県内の観光協会等で販売しています。


記事を書いた後、コンビニで前売券を購入。そして、

f:id:konnya7:20160320231120j:plain

引き換えてきました!
ついでに公式ガイドブックも買っちゃいました。 f:id:konnya7:20160320170249j:plain



これで存分に楽しむぞおおおおおおおおおおおおおお

ということで、

今回わたしは、高松港からフェリーで約20分の「女木島」に上陸。島中のアートを訪ね歩きました。





カモメが迎えてくれる、鬼とアートの島「女木島」

f:id:konnya7:20160320231242j:plain

12時発のフェリーに乗り、20分。定員オーバーぎりぎりのフェリーは10分ほど遅れて女木島に到着。まず、迎えてくれるのはカモメ。
風の向きが変わるとカモメの向きも変わり、見ていておもしろいんだなあ。

フェリー乗り場前にある「鬼ヶ島おにの館」では、鬼ヶ島大洞窟へのバスのきっぷや芸術祭のグッズ、パスポートなどが購入でき、食堂も併設されていて島の案内所となっています。

f:id:konnya7:20160320231704j:plain

おにの館の北側に、モアイと帆船が。

040 カモメの駐車場 ― 木村崇人
http://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/megijima/28.html

041 20世紀の回想 ― 禿鷹墳上
http://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/megijima/29.html



狭い路地の先にはアート、島に溶け込む


f:id:konnya7:20160320232747j:plain

海水浴場前にある八幡神社には、「feel feel BONSAI」

f:id:konnya7:20160320232848j:plain 休校中の女木小学校には、「女根 / めこん」

f:id:konnya7:20160320232958j:plain 倉庫と思いきや…映画館!?「ISLAND THEATRE MEGI 女木島名画座」

f:id:konnya7:20160320233037j:plain

納屋に差し込む光が幻想的「均衡」

f:id:konnya7:20160320233125j:plain

高台から海が見える「段々の風」

044 feel feel BONSAI ― 平尾成志×瀬ト内工芸ズ。 / 香川県盆栽生産振興協議会
http://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/megijima/112.html

045 女根 / めこん ― 大竹伸朗
http://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/megijima/31.html

046 ISLAND THEATRE MEGI 女木島名画座 ― 依田洋一朗
http://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/megijima/113.html

048 段々の風 ― 杉浦康益
http://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/megijima/34.html

050 均衡 ― 行武治美
http://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/megijima/33.html

洞窟の中にもアート!?

徒歩で港から約30分。若干、息切れしながら登った先は洞窟。
昔話「桃太郎」に登場する鬼ヶ島の洞窟らしいのです…
洞窟内はヒンヤリとしていて、10度ほどに保たれていました。
頭上注意!の入口をくぐると、

f:id:konnya7:20160320233316j:plain

中は鬼だらけでした。

f:id:konnya7:20160320233346j:plain

これぞホントの鬼瓦

また、大洞窟を起点として島内に3か所「鬼の家」という作品があります。
アート集団・カオス*ラウンジが手掛けていて、「鬼の家」の公式サイトを女木島が舞台のRPGゲームにしてしまうという、ネット上さえもアートにするすごい人たち。

http://chaosxlounge.com/oninoie/

049 鬼の家 ― カオス*ラウンジ
http://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/megijima/114.html

051 オニノコ 瓦プロジェクト ― オニノコプロダクション
http://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/megijima/35.html



女木島へのアクセス

高松港から雌雄島海運「めおん2」を運航しています。
女木島・男木島へのフェリー切符売り場は、高速船切符売り場南側にあります。


フェリーは定員が決まっています。
女木島から高松港に向かう最終フェリーが定員オーバーで乗れなくなり、 積み残しが発生。18時ごろに臨時便が出る事態に…
新幹線、飛行機等予約されている方は、フェリー乗船の列に早めに並ぶ必要があります…



時刻表

平常ダイヤ f:id:konnya7:20160320233521p:plain


夏季ダイヤ(8/1-8/20のみ運航) f:id:konnya7:20160320233536p:plain



料金

高松 - 女木島 大人370円 小人190円
高松 - 男木島 大人510円 小人260円
女木島 - 男木島 大人240円 小人120円



https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/2108.html



前売券の引き換えはインフォメーションセンターで

f:id:konnya7:20160320170241j:plain 高松駅の東にある、高松港総合インフォメーションセンター。瀬戸内国際芸術祭の開催に合わせて、高松港旅客ターミナルビル1Fに開設されています。
前売券の引き換え、パスポートの購入窓口、芸術祭のオフィシャルショップやコインロッカーがあり、多くの人で賑わっています。

場所は高松シンボルタワーの東側にあり、ビルの北側には「作品鑑賞パスポート」持参者専用の無料臨時駐車場があります。また、サンポート地下駐車場もあるので、車で高松港まで来ることができます。



おわりに

アートやら芸術やら、あまり興味がなかった私ですが、実際に見てみるとだんだんと作品巡りが楽しくなってきました。
特に気に入ったのは、「feel feel BONSAI」です。神社境内にある古民家の中に昔ながらの盆栽もありつつ、未来的な盆栽もあり、こういうカタチもあるんだなと変化や多様性を感じました。
んー、時間があるときは縁側に座ってゆっくり眺めてみたいものです。



自分の足で歩いて、見て聞いて感じて。
穏やかな瀬戸内の海風を感じながら、アートの世界に入り浸ってみてはいかがでしょうか。



瀬戸内国際芸術祭2016
Setouchi Triennale 2016

f:id:konnya7:20160306150845j:plain



【会期】
春|2016年3月20日[日・春分の日]- 4月17日[日]29日間
夏|2016年7月18日[月・海の日]- 9月4日[日]49日間
秋|2016年10月8日[土]- 11月6日[日]30日間
会期総計|108日間


【開催地】
直島 / 豊島 / 女木島 / 男木島 / 小豆島 / 大島 / 犬島 /
沙弥島[春のみ] / 本島[秋のみ] / 高見島[秋のみ] /
粟島[秋のみ] / 伊吹島[秋のみ] / 高松港・宇野港周辺


公式サイト
http://setouchi-artfest.jp/

Twitter
https://twitter.com/setouchi_art_jp

Facebook
http://www.facebook.com/ArtSetouchi/

関連書籍