イグニッション!

旅行やバイク、アニメ。趣味ワールド全開でお届けする、備忘録のようなもの。

ただの恋愛映画ではない!『君の名は。』を見てきました

トピック「君の名は。」について

まだ会ったことのない君を、探している。

f:id:konnya7:20160409184821p:plain


こんにちは、こんにゃくです

新海誠監督最新作、『君の名は。』がついに公開されましたね!

前作『言の葉の庭』より3年ぶりの作品。
美しいビジュアルはさらに磨きがかかり、視聴者の心をグッと掴むストーリー展開で、最初から最後まで見ていて飽きませんでした。

また、音楽を「RADWIMPS」が担当。 8月19日にyoutubeの公式チャンネルにて公開された主題歌「前前前世(movie ver.)」が、 なんと2日で100万再生を突破!



8月28日現在、500万再生を超えてもなお、この勢いは止まりません。

www.youtube.com

君の名は。(通常盤)

君の名は。(通常盤)

過去の新海誠監督作品について語ってます。 jpn-trip.hatenablog.jp



会いたくても会えない

東京に住む男子高校生・瀧と、田舎町に住む女子高校生・三葉。

2人は不定期に入れ替わっていることに気付く。
お互いに戸惑いながらも日常生活を過ごそうと、スマホにメモを残したり、マジックで手に伝えたいことを書いたり…となんとか乗り切っていく。




ある時、瀧は三葉に会いに行くこと決意する。
しかしそこで待ち受けていたのは―――




ただの遠距離恋愛ではない物語。瀧は運命に抗い、三葉に会うことができるのか。



新海誠監督の最高傑作

夜空を流れるティアマト彗星、
東京・新宿のビル群、
行きかう電車、

過去作品と同じく、非常に繊細な描写で、

視聴者を『新海ワールド』に引き込んでいきます。


また、キャラクターのセリフ、ストーリー展開。
場面を引き立てる音楽。
そしてそのタイミングすら、すべてが計算されて尽くされているような、視聴者をひと時たりとも飽きさせない展開。

それをやってのける新海監督の技術の高さに感動しました。



公開初日はレイトショーでもほぼ満員!?

私が住む香川県では、2カ所の映画館で上映されていて、そのうちの1つ・イオンシネマ綾川へ行きました。
仕事が終わり、公開初日26日の21時30分からのレイトショーを見ようと1時間前に映画館に着いてチケットを購入しました。

が!なんとすでに8割ほどの座席が埋まっていました。

普段はアニメを見ない(そんな会話が聞こえた)という若いカップルも『君の名は。』を見に来ていており、TVやネットで告知していた効果が出ているなと思いました。

また、グッズは初日にしてほぼ完売。パンフレットだけをおとなしく買って帰りました。



こんな熱い恋愛してみたい

遠い距離、
時空を超えて、
会ってみたい人がいる、

そんな経験、一度はしてみたいものです。何とも羨ましい限りです。




映画のラスト、大人になった瀧と三葉が出会うシーン。
お互いの名前や姿は忘れていても、忘れちゃいけない大切な人がいるってことは覚えていて。
この人かな?という違和感がありつつも、まさかね…と思い込んでしまい、すれ違っても話しかけられない。


瀧くんが、階段で、話かけてよかったあああああああああああああああああああああああああああ(´;ω;`)



おわりに

映画が公開される前週に、RADWIMPSが手掛ける主題歌・挿入歌・サントラがひとつのCDに入った「君の名は。」が発売されました。
映画を見終わったあと、ぜひCDを買って映画の世界観に浸ってみてはどうでしょう。
また、小説やマンガ単行本も発売されていて、「君の名は。」の熱はまだまだ収まる気配はありません。


さてこの『君の名は。』
近年まれに見る秀逸なアニメーション映画だったと思います。

作画やキャラデザ・音楽、脚本。最高のスタッフがそろった最高の映画です。
まだ見ていない人は、ぜひぜひ劇場の大画面で瀧と三葉の恋模様を追いかけてみてはいかがでしょうか。

jpn-trip.hatenablog.jp

www.shinkaiworks.com

kiminona.com



関連商品

秒速5センチメートル [Blu-ray]

秒速5センチメートル [Blu-ray]